ビートルズ英語 – For No One – Part2

この記事は 3 分くらいで読めます
 

こんにちは。
豆太です。

ここでは、日本生まれ日本育ちの僕が中学校と高校の受験勉強のみでTOEIC910点を獲得できた勉強法をシェアしちゃいます!キーワードはビートルズ英語。彼らの英語はとてもシンプルで(教科書ににそのまま載っててもおかしくないレベル)、そのまま暗記することで、「英語感覚」を身につけることができます。

早くも4曲目!もっと評価されるべき隠れた名曲「For No One」のパート2です!
(こちらから順番にどうぞ。Part1

スポンサーリンク

For No One : part 2-1

And in her eyes you see nothing
(彼女の瞳に君はもう映っていない)

nothing を使った表現はたくさんあります

It is nothing but an excuse.
(それは言い訳でしかない)

ちょっと脱線しますが(このブログすぐ脱線する…)ここのbut は「~以外の」「~を除いて」なので

nothing but ~
(~でしかない、~に過ぎない)

ってなるわけですね〜。これと似たイディオムで

nothing more than ~
(~に過ぎない、~だけ)

というのもあります。

I can’t make nothing of your idea.
(僕には君の考えが理解できない)

こんなのもあったり。他にもたくさんあるのでぜひ調べてみて下さい。気になる表現があれば、自分のノートに書き留めたり。そうして例文のストックを増やしていけば、英語感覚もボキャブラリー(語彙力)も自然と増えていくはずなのです。

For No One : part 2-2

No sign of love behind the tears cried for no one
(誰の為でもなく流した涙の中に、もう愛情はこれっぽっちもなくて)

sign:しるし、合図
behind:~の後ろに、~の背後に

no とかnothing とか、英語らしい表現がたくさんのこの曲。

behind で頻出のイディオムはこれでしょうか。

thirty minutes behind schedule
(予定より30分遅れて)

ちなみにこの逆は

thirty minutes ahead of schedule
(予定より30分早く)

となります。behind / ahead of はここで覚えちゃいましょう。

 For No One : part 2-3

A love that should have lasted years
(これからもずっと続いていくはずの恋だったのに)

last:続く、継続する
should have done:~すべきだった、~するはずだった

last はいわゆる日本語の「ラスト」とは違う意味がたくさんあります。last night で「昨日の夜」だったり、この歌詞の「続く」だったり。

should have done は中学高校の勉強でも頻出、日常会話でも使える表現なので覚えちゃいましょう。TOEICを受けて

I should have studied much harder.
(もっとよく勉強しておくべきだった)

とならないように日頃からコツコツ頑張りましょう!

That’s it.

Part3はこちら
(英語関連の記事まとめはこちら!)

スポンサーリンク

.コメントをどうぞ