この記事は○分で読めます、設置してみた

この記事は 2 分くらいで読めます
 

この記事では、プラグインなしで「この記事は○分で読めます」を設置するコードを紹介します。

こんにちは。
豆太です。

数日前の記事で宣言した「次にインターフェース面で実装したいこと2つ」のうちの1つを早速設置してみました。数日前にも挑戦したのですが、細かい調整が出来ず断念。ところがたった数日でphp, cssを「自分の頭で考えていじる」ことができるようになり、コピペ率を下げることに成功しました。その気になれば意外と簡単でした。納得いく仕上がりです。

スポンサーリンク

content.phpにコードを追記

僕は「記事タイトルの下」に設置したかったので、content.php 内にコードを置くことにしました。ここでは、ショートコードや空白も除外できるコードを採用しています。

こちらの記事を参考にしつつ、Webフォントの時計マークを追加するために多少いじりました。Webフォント無しの場合は下記の1行を削除すればOKです。

さらに見た目を調整するために、style.cssに以下のコードを追加しました。

このブログでの導入方法はこんな感じです。

WordPress歴はまだ1週間です

こんな記事を書いていますが、僕はまだ「CSSやPHPをいじりはじめて1週間のプログラミング初心者」です。そんな僕でもここまで出来ました。基本コピペベースなので、もちろん全部は理解していません。試行錯誤を続けながら今後も改良を重ねていくつもりです。もっと理解が深まったら、コードの詳細を解説する記事も書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

.コメントをどうぞ