ビートルズ英語 – I Will – Part4

この記事は 3 分くらいで読めます
 

こんにちは。
豆太です。

ここでは、日本生まれ日本育ちの僕が中学校と高校の受験勉強のみでTOEIC910点を獲得できた勉強法をシェアしちゃいます!キーワードはビートルズ英語。彼らの英語はとてもシンプルで(教科書ににそのまま載っててもおかしくないレベル)、そのまま暗記することで、「英語感覚」を身につけることができます。

(こちらから順番にどうぞ。Part1Part2Part3

スポンサーリンク

I Will : part 4-1

And when at last I find you, your song will fill the air.
(ようやく君に出会えたとき、あたり一面が君の歌声でいっぱいになるんだ。)

at last:ついに、ようやく
fill:~を満たす、いっぱいにする

ここの構造はシンプルです。ここでは、at last とfill の使い方を覚えちゃいましょう。

I Will : part 4-2

Sing it loud so I can hear you.
(僕によく聞こえるように、大きな声で歌ってよ。)

loud:(音・声が)大きい、うるさい

これもいい例文です。so (that) I can hear you で「僕によく聞こえるように」となります。この用法のときのthat は省略することができます。他に例を挙げると

Please turn on the light so (that) we can read books.
(本を読めるように電気をつけていただけますか。)

I Will : part 4-3

Make it easy to be near you.
(君の隣にいてもいいかな。)

文章構造としては、”it = to be near you” になってますね。

easy は「簡単な」以外にもたくさん意味があります。イメージは「ゆるやか」「ゆったり」「ゆっくり」「ゆるい」こんなところでしょうか。

The exam was easy for me.
(私にとってその試験は簡単でした。)
He is an easy teacher for students.
(彼は生徒にあまい/寛大な先生だ。)
Take it easy.
(気楽にいこうよ。焦らなくていいよ。)

easy のようにイメージが多岐にわたる単語は、例文のストックを増やすことで少しずつイメージをつかんでいきましょう。

I Will : part 4-4

For the things you do endear you to me, you know I will, I will.
(君の仕草が僕を夢中にさせるんだ、僕はこれからもずっと君のことを好きでいるよ。)

endear A to B:(Aのことを)(Bに)愛しく思わせる

「the things you do(君の仕草、君のすること)が、君のことを、僕に愛しく思わせる」という構造になっています。この構図も英語らしく、英語感覚をつかむためには良い例文です。

このタイプの動詞でよくある用法が

endear oneself to ~ というパターン。「自分自身を愛しく思わせる」=「慕われる」と訳すことができます。

Paul endeared himself to everyone.
(ポールはみんなに慕われていた。)

こんな感じです。

文頭のForはbecauseのような意味合いで用いられています。

I will のあとに”love you” が隠れているのはここまでの流れから推測できますよね。

OK, that’s it for “I Will”

(英語関連の記事まとめはこちら!)

スポンサーリンク

.コメントをどうぞ