ビートルズ英語 – Girl – Part4

この記事は 3 分くらいで読めます
 

こんにちは。
豆太です。

ここでは、日本生まれ日本育ちの僕が中学校と高校の受験勉強のみでTOEIC910点を獲得できた勉強法をシェアしちゃいます!キーワードはビートルズ英語。彼らの英語はとてもシンプルで(教科書ににそのまま載っててもおかしくないレベル)、そのまま暗記することで、「英語感覚」を身につけることができます。

はじめてJohnの曲を取り上げてみます!小悪魔の曲、Girl の最終回パート4です!
(こちらから順番にどうぞ。Part1Part2Part3
(英語関連の記事まとめはこちら!)

スポンサーリンク

Girl : part 4-1

Was she told when she was young that pain would lead to pleasure.
(彼女は幼い頃に教えてもらったのかな、痛みの先にはきっと喜びがあるってことを。)

pain:痛み、苦痛、骨折り
pleasure:喜び、楽しみ、快楽
lead to:~に通じる、~に至る

pleasure が出てきました。with pleasure で「喜んで」「快く」「ぜひとも」これはよく見かける表現。

pleasure は名詞ですが、動詞としてplease 「~を喜ばせる」という形もあります。ビートルズの曲にもPlease Please Me って曲がありますよね。あのplease です。

I’m very pleased to meet you.
(お会い出来て嬉しいです。)

こんな風に使ったり。

lead には自動詞も他動詞もあります。辞書にある全ての意味を理解しようとしないで、自動詞としての例文をひとつ、他動詞としての例文をひとつ、例文のストックを増やしてイメージ・感覚をつかみましょう。ぱっと思いつくところでは The Long and Winding Road にも出てきます。聴いてみてください。

Girl : part 4-2

Did she understand it when they said that a man must break his back to earn his day of leisure.
(幼い彼女は大人たちの言うことを理解できたのかな、男は一生懸命働いてはじめてゆっくり安らげるってことを。)

break one’s back:懸命に努力する、骨を折る
earn:~を稼ぐ、~を得る
leisure:余暇、自由時間、自由な時間

日本語では「骨」を折るところを、英語では「背中」を折ります。こういう違いが個人的には興味深いポイント。

earn はお金だけじゃなくて、この歌詞のようにいろんなものに使われます。評判、悪評、名声、信頼、学位、などなど。

Girl : part 4-3

Will she still believe it when he’s dead.
(彼がいなくなってしまった今も、まだ信じてるのかな。)

英文の構造は簡単ですね!

彼女はいろんな男を手のひらの上でコロコロ転がしている。男たちは遊ばれてるってことが分かっているのに、魅力的な彼女を目の前にすると気付けば彼女の思うがまま。小悪魔な”Girl”

That’s it!

(英語関連の記事まとめはこちら!)

スポンサーリンク

.コメントをどうぞ